募集要項

Q&A

【資格に関すること】

Q.卒業するとどのような資格が取得できるのですか?

A.卒業と同時に保育士資格を取得できます。専門学校を卒業すると専門士という称号が付与されます。
  その他に卒業後に生かせる資格として認定ベビーシッター、レクレーション・インストラクターを取得できます。

 

Q. 幼稚園の教員免許は取れないのですか?

A.現時点では取得することはできません。
  将来的に系列校と提携し、通信制短期大学により保育士資格の外に取得できるように検討しております。

 

Q.保育士の資格だけで就職できますか?

A. 保育士の資格は、厚生労働省の基準により認定付与されるものであり、保育園や児童養護施設等への就職には必須のものです。
  したがって、保育士の資格取得が重要です。
  幼稚園は教育のための場所ですので、幼稚園の先生になるためには別に幼稚園教諭の免許を取得する必要があります。
  就職先の選別において保育士だけの資格が不利になることはありません。

 

【入試に関すること】

Q. 社会人で他の業種ですが保育士になりたいので入学できますか?

A.もちろんできます。社会人の方の経験は、広く保育に生かすことができます。
  育児の経験や、仕事として社会経験をした力は保育現場で保護者方との対応で有用な力となります。
  また、本校ではそのような体験・経験を生かした授業を組み立てていきます。

 

Q. 高校の成績があまり良くないので不安なのですが。

A.合否の決定にあたっては、高校の時の成績だけでなく、作文や面接によりそれぞれの方の適性、人間性を総合的に判断して合格を決定しますので、不安にならずにご自身の熱意や積極性を表現して、ぜひチャレンジしてください。

 

Q. 留学生ですが入学できますか?

A.現在のところ留学生は募集しておりません。

 

Q. 入学試験はいつで、どのような試験をおこなうのですか?

A.試験は、AO、推薦、一般入試をそれぞれ予定しております。詳細については募集要項もしくはこちらにてご確認ください。

 

Q. 奨学金制度について教えてください。

A.本校では、独自の奨学金制度を行っております。本校規定に基づく優秀な学生に対し、入学時及び2学年進級時に3段階により納付金の一部を免除します。
  また、日本学生支援機構、日本政策金融公庫など各種あり、卒業後返還する奨学金制度です。この他に保育士修学資金貸与制度があります。
  詳しくは本校へお問い合わせください。

 

Q. 男性でも保育士は目指せますか?

A.近年、男性保育士のニーズが高くなっております。本校は、男性の方でも大歓迎です。
  最近では、女性のみならず、男性保育士を加えた保育の考え方を本校では目指します。

 

Q. 他の保育専門学校と違う特色はありますか?

A.本校は新設校ですが、都築学園グループは多数の大学、短大、専門学校、中学校・高等学校、幼稚園を有する総合学園です。
  また、その実績は60年の長きにわたる教育のノウハウを持っております。
  本校開設にあたっては、その幼児教育の実績の延長上に、ベテランの講師陣と日本の伝統文化を重んじる教育を重視しております。

 

Q. 願書はいつから受付ていますか?

A.入試方法によって異なります。(詳しくは募集要項をご確認ください)

 

Q. WEB出願はできますか?できる場合WEBで合否結果は確認できますか?

A.現在のところ予定しておりません。

 

Q. 年齢制限はありますか?

A.高等学校卒業以上または同等の教育を受けた方なら、どなたでも入学することができます。
  高校新卒者だけでなく、大学や短大を卒業された方、社会人として勤務されていた方、主婦の方など、さまざまな方に対して入学していただきたいと思っております。

 

Q. 面接はどのように行われますか?

A.面接試験は、個人面接を予定しております。
  主に志望動機、あなたの長所、特技、将来のビジョン等をお聞きしますので等身大のあなたをアピールしてください。

 

Q. 作文について何か注意点はありますか?

A.文書を書くことは社会人として必要なことです。作文を書くにあたっては自分の意思を正しく伝えること。
  文章としての筋道、起承転結の柱立てを考え、思いを表してください。その熱意と、正しく伝える力を作文から読み取ります。

 

【学費に関すること】

Q. 分納はできますか?

A.前期、後期2回に分けて納付することができます。その他詳細は、本校へご相談ください。

 

Q. 入学から卒業までどのくらい費用がかかりますか?

A.学費として初年度は、120万円。2年次は、100万円。併せて220万円かかります。
  また、入学検定料2万円、その他諸経費(健康診断料、保険料、レクリエーション代、卒業アルバム代等)2万円/年かかります。

 

Q. 学費の支払いが困難なのですが。何かいい方法はありますか?

A.奨学金制度がございます。詳細は本校までお問合せください。

 

Q. 教科書・教材代はいくらぐらいしますか?

A.教科書、教材が必須である科目は全科目ではないので、最大で年間5~6万円程度です。
  教科書の購入が必要ではない科目では、講師配布のオリジナルプリントを使用して授業を行います。

 

Q. 社会人で保育士になりたいので入学したいのですが、何かサポートする制度はありますか?

A.本校は社会人からのご入学も大歓迎です。一般入試で受験の際、入学金を10万円免除します。
  また、推薦入試も社会人の方にも適用させていただきます。
  その他、既習得単位の認定、就職指導等サポートする制度は充実しております。

 

【授業に関すること】

Q. 1コマ何分の授業ですか?

A.100分です。長時間ですがこれが本校の特色の一つです。(授業内でまとめやノート作成等、ひととおり完成できるよう配慮して進めます。)
  授業内でまとめや個々の課題の克服等、必要な項目は全て完成できるよう配慮して進めます。
  ただ授業を長くするのではなく、講義のポイントを学生同士が確かめ、調べあって比較するなど、活動と内容が分かりやすくなるための工夫がこの時間の長さとなりました。
  すなわち、教員と学生の双方向で作り上げる授業が本校の特色です。
  また、授業のまとめを大切にして、ノート記述や資料の添付や、授業のまとめ意見交換を大切にして、授業内容の関連付けや重点化がわかるノートづくりを指導します。

 

Q. 授業がついていけるか心配ですが2年で卒業できますか?

A.クラス担任制により、一人ひとり、わかるようになるまで丁寧に教えるので安心してください。
  本校の授業は、一方通行となる講義型の授業から、学生自身が調べ確かめる授業形式を進めます。そのため、分からないということは少なくなり、分からないことを授業に参加する他の学生同士が補完し合う、また、先生の適切な助言を加えた進め方を目指します。
  そのため、授業に付いて行くのではなく、学生の協力が授業を進めるため、学生自身の力がつく授業を目指します。
  その他、学生相談や心理相談、看護師等の担当の先生を配置し、フォローアップしています。

 

Q. ピアノは全く弾けませんが大丈夫ですか?

A.本校では一人ひとりの学生について、ピアノの経験等考慮し、それぞれのレベルに合ったプログラムに基づき授業を行いますので、経験がない人でも安心して学べます。

 

Q. ピアノレッスンについて個別プログラムを行うカリキュラムが組まれているのでしょうか?

A.すべてが個別にできるとは言えませんが、学生の持つ力に応じたプログラムで指導ができるよう配慮しています。
  また、ピアノが必須の時代から音楽が好きとか何か他の楽器を使って、子どもへの指導ができるという時代に変わりつつあります。
  ピアノにこだわらず音楽を楽しむ力をつけるよう指導します。

 

Q. 実習先はどこへ行くのですか?

A.原則として本校と提携している保育園、施設等へ行っていただきますが、実習先の決定については担当の先生がフォローアップします。

 

Q. 現場経験のある先生はいますか?

A.保育の現場を経験してきた先生が多数いますので、現場での話を詳しく聴き学ぶことができます。

 

Q. 何か特色のある授業はありますか?

A.独自科目として、女性の役割を生かすことや、男女共生について考えるための「女性学」、日本の伝統文化を大切にすることを考える「伝統文化論」を設けております。
  また、大学の卒業研究と同様な「卒業研究」があります。
  将来に役に立つ実践的な内容を学べるよう、本校の特色ある授業になっています。

 

Q. 成績評価はどのようにつけられますか?

A.科目により異なりますが、授業態度を含めた平常点と学期末の筆記試験、日常の小テストやレポート課題の点数で評価が決められる場合が多いです。

 

【就職に関すること】

Q. 就職はできますか?

A.希望者全員に対して、保育園・施設等就職先の紹介をします。
  少しでも不安のないように、担当教員との面談や相談を通して、自分に合った進路・就職園を決めていきます。

 

Q. 学校が就職先を紹介するのですか?

A.学校としては、本人の適正、希望に合わせて就職担当者が丁寧に相談、指導をしていきます。

 

Q. 就職後のサポートはありますか?

A.今後卒業生を招致しリカレントによる卒業後のサポートを考えています。

 

Q. Uターンの就職はありますか?

A.本校は、関東近郊だけではなく全国からここ池袋で学んでいただきたいと思っております。
  郷里で就職されたい方は都築学園グループのネットワークを活用して就職をサポートして行きたいと考えております。

 

【日常生活に関すること】

Q. アルバイトはできますか?

A.保育士資格を取得するため忙しいカリキュラムを乗り切ることになりますが、授業に差し支えない範囲であれば問題ありません。
  保育関連のアルバイト情報を学校よりお知らせする場合もありますので、希望があれば申し出てください。

 

Q. 遠方からの入学を希望しますが寮はありますか?またアパートを紹介してもらえますか?

A.本校と提携している学生寮を紹介することはできます。

 

Q. どんな場所に学校があるのですか?

A.東京都豊島区東池袋に所在します。サンシャインシティ60の近郊ですが、比較的閑静な場所にあり、勉強に適しております。

 

Q. 駅から学校まではどのくらいかかりますか?

A.JR池袋駅及びJR大塚駅から約10分、地下鉄東池袋駅から約5分です。

 

Q. 社会人ですが学割の対象になりますか?

A.本校は認可を受けている学校ですので学割の対象になります。本校事務局へご相談ください。

 

Q. 県外出身ですがこちらに一人暮らしをした場合いくらくらいかかりますか?

A.アパート代は最低約6万円かかります。また、ご要望に応じては本校と提携している食事付きの学生寮等紹介したいと思います。

 

【学校生活に関すること】

Q. 学校はどのような指導方針をもっていますか?

A.本校では、保育に関する知識や技術はもちろんのこと保育の専門家としての「心」を育てていくことを重視しています。
  その道のプロと呼ぶにふさわしい講師陣により、教科書からだけでは得ることのできない貴重な知識・教養を身につけていただきます。

 

Q. 学校の特色は何ですか?

A.子どもの知・徳・体にわたるバランスの取れた成長と支援、子どもの心と身体の健やかな成長や発達と援助に必要な保育の考え方と学校教育と児童福祉のあり方について人間形成・人間発達・人間援助の観点から考究し、それを実践する能力を身に着けることです。

 

Q. どのような学校行事がありますか?

A.校外研修、卒業研究発表等を予定しております。

 

Q. 入学式はいつですか?

A.4月上旬に、学園グループ合同で予定しております。

 

Q. 課外活動はありますか?

A.スポーツ、音楽、図画工作等ボランティアに直結したクラブを予定しております。

 

Q. 学食はありますか?また、食事するところはありますか?

A.学生食堂というものは残念ながらありません。お弁当を持参したり、近くのコンビニエンスストアで買って学生ラウンジ等で食事をとることはできます。

 

Q. 自分専用のロッカーはありますか?

A.鍵のかかる個人専用のロッカーは完備しております。

 

【その他】

Q. オープンキャンパスは予定していますか?

A.日程時間など、詳しくはこちらに掲載しております。
  当日は、本校の雰囲気がよくわかる校内見学、体験講座、個別相談会等様々なプログラムをご用意しておりますので、是非ご来校ください。

 

Q. 希望する日に学校の見学はできますか?

A.あらかじめ連絡していただいて、教員等が対応可能であればご案内いたします。
  学校説明や校内案内等いたしますので、お気軽にご連絡ください。

 

Q. なぜ保育士養成の専門学校なのに幼児教育専門学校というのですか?

A.母体となる学校が幼児教育を目指している短期大学であることと、このさき保育のみならず幼児教育や乳幼児保育等、全体的な視野で保育を考えたため、このような名称になりました。

 

Q. 勉強のこと以外で相談できる課はありますか?

A.勉強以外でも教職員全員がそれぞれの専門に応じて相談できる態勢にあります。

 

Q. 受験生以外の参加も可能ですか?

A.オープンキャンパス、学校説明会において高校2年生、1年生など将来の  受験生も歓迎します。

 

Q. 系列校の鹿児島とのつながりはありますか?

A.同じ系列校でありますので、相互に連携をとっております。

 

Q. 自転車及びバイク通学は可能ですか?

A.当校ではオートバイ及び自転車の通学を認めておりません、駐輪場もありません。

 

Q. パソコンは自分で購入しなくてもよいですか?

A.当校のカリキュラムにエクセル、ワード等のパソコン教育があり、学校のパソコンで実習できるようにしております。
  但し、さらにパソコン技術を向上させるのであればご自身で購入することをお薦めします。