学科紹介

実習の流れ

実際の保育現場で過ごす実習期間は、それまで学んできたことの成果を確認できる機会でもあります。
子どもたちとふれ合ったり、現場の保育者の援助の仕方を間近で見て、自分でも実践したりするなど、保育者の仕事を体験して学ぶことが出来ます。
実習終了後には充実感と達成感が得られ、人間的にも成長できるはずです。

保育実践演習・保育実習指導

保育実践演習

保育所(園)実習の事前学習をします

2年間の講義内容の集大成として、具体的な保育所(園)での実習を想定した学習を進めます。
実習時のマナー、実習を想定したロールプレイング、保育計画の立案の仕方や指導案・実習日誌の書き方など、より実践的な内容を1年を通して学びます。

保育実習

保育実習Ⅰ(保育所)

保育実習Ⅰ(保育所)

実際の保育の様子を観察します

実際に保育所(園)に出かけて、先生方から指導を受けます。
一定期間、保育所(園)で保育の様子を観察しながら養護の意味を理解します。
その日の一定の時間に、実習内容の記録を行い、担当の保育士の方から助言を受けます。
実習期間中、実習担当教員が巡回指導に出向きます。

保育実習Ⅰ(施設)

保育実習Ⅰ(施設)

子どもたちの動きを理解します

乳児院、児童養護施設に出向き、保育所(園)実習と同じように保育の様子を観察します。
保育所(園)とは違った実習先の理念、及び、養護技術・支援技術を学びます。
この期間中にも実習担当教員が巡回指導を行います。

実習スケジュール

1年次の後期から2年次の前期にかけて保育実習指導Ⅰを履修し、1年の課程の修了後、保育実習Ⅰで実際に保育所・施設に行き実習が行われます。
保育実習Ⅰに続く実習には保育実習Ⅱ(保育所)、保育実習Ⅲ(施設)があります。
どちらかを選択するかは希望の進路によって決めることが出来ます。

 

実習スケジュール

 

実習先

実習先としての保育所(園)・施設は都内各所を確保しています。学生の希望に合った実習先を見つけるサポートも行います。
また、本校は各実習施設との連携のもとに実習計画を作成し、実習時に巡回して訪問指導などを行いますので、学生は安心して実習に臨むことができます。

実習先

実習先