学科紹介

保育科

技術も心も磨かれた保育士になるために
実習・演習を重視した実践的な授業を展開します

2年制 男女120名

保育科

 

学びの特徴
新しい授業のカタチ“アクティブラーニング”で主体的に学ぼう!

授業で学んだ内容は、仲間と議論すること、自分で探究してみることで確実に身につきます。本校ではアクティブラーニングのスタイルを授業に取り入れ、学生自身が主体となり「発見学習」「問題解決学習」「体験学習」「調査学習」することで、さらに理解を深めながら成長していくことができます。

下記の授業の流れで100分授業となりますが、家での学習時間が減るだけでなく、空き時間に自分がまとめたノートを見て振り返るだけで、学んできた内容がすぐに思い出され、確実に身につくことになります。

学びの特徴フロー

 

保育実習の前に園児との体験実習

保育実習事前指導の一環として近隣の保育園や施設訪問をします。子どもの様子を観察したり、授業で学習した読み聞かせを発表させてもらったりと、保育実習の前に子どもとの関わりを何度も体験することが出来ます。また子どもたちが施設に遊びにくることがあるので、その時も十分に子どもと関わることが出来ます。

初心者でも経験者でも安心!ピアノの個別指導

保育では「弾きながら歌う」ということがとても大切になります。ピアノが得意な人も苦手な人も、それぞれのレベルにあった個別指導を放課後などに受けることが出来ます。

子どものことをもっと知ろう!毎月届くバラエティにあふれた本

保育関連の雑誌や本が毎月何種類も届きます。例えば「月間折り紙」や、ものがたり絵本「こどものとも」、かがく絵本「かがくのとも」等があります。また、育児の本「クーヨン」もあり、幅広い視点で保育を学ぶことが出来ます。